2009年11月27日

マインドセット ものを考える力



マインドセット ものを考える力
ジョン・ネスビッツ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 81831
おすすめ度の平均: 3.5
5 今も昔も、未来永劫「変わらないもののほうが多い」
2 タイトルはいい。
4 未来予測の本ですが、仕事の現場リーダーの心得としても役立つのかなと思います
4 未来を読み解く力
3 一つの未来予想図&思考パターンの提案




評価:★★★☆☆(星3つ)

未来を読み解くものの考え方について書かれた本と帯には書いてあるがあまり未来を読み解くために必要な要素を書いてあるとは思えない。

未来に起きることはゆっくり起きるだとか、予想は速く進むだとか・・・

確かにそうなのだけれども、それで未来が読み解ける訳ではなく、「未来を読み解いている際に気をつけるべきこと」がのべられているのであろう。



第2部の様々な分野の未来予想は、そうだと思う面もあれば、それは言い過ぎじゃないかと思う面もある。

自分に知識がないから、納得しきれない面も否めないが、筆者の考えは偏っているようにも思える。

例えば、2つの心臓(社会保障と資本主義自由経済)を持っているヨーロッパは協調して死の道を歩んでいる。など。

これからヨーロッパにいく自分だから思うのだろうけど、ただ通り一遍に否定されると悲しい。(論理的でないのかな?)



読解力がないからかもしれないが、「よくわからない本」だ。
posted by bonjin at 00:15| Comment(35) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

【小説】カーヴァーズ・ダーズン


読みたかった2作だけは読み終えた。

「大聖堂」



「小さいけど、役に立つこと」



ほわっと心温まる感じ。


逆に、もうちょっと話しを聞かせて。と思うようなことが短編だから、ある。


ちょっと感動したら、終わり。


短編って何だか寂しいな。


長編だと、小さな感動が続いて、それが複合体として大きな感動が生まれ、余韻も大きい。

短編だと、小さな感動で終わり。余韻も小さい。


もうちょっと話しを聞いていたいと思わせるような感じ。


それが短編の良いところなのかな。


俺には未だ分からないが。





Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選






posted by bonjin at 00:44| Comment(9) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

【モテる技術】


「モテる男になるための修行は、仕事に似ている」


「事前の準備が大変だが、その結果はあとから表れる」
posted by bonjin at 20:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【モテる技術】

pp569



「経験から何かを学べば、別の女性との間に同じ問題が起きたときに、ずっとうまく対処できるようになる」




そうですね。

何だかここら辺は学ぶことが多いぞ。
posted by bonjin at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【モテる技術】

pp544



「活気あふれる、生産的な男になれ。」→セックスのくだりだが、共感する。



「どれだけ多くの知識を持っているかではなく、どう生きるかによって自尊心を育んでいく方が、あなたはずっと幸せになれるはずだ。」



なるほど。
posted by bonjin at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【モテる技術】

pp522


「言い訳をしない。」




どんな時でもそうなのかもしれない。



言い訳をしている時ほど、醜いものはないのかも?
posted by bonjin at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【モテる技術】

終始セックスが目的のような感じ。



まぁ大事だけど、中々人生で成功する方法と結び付けられない。




どう解釈すればいいんだろう。




まだ気付いていないだけ?
posted by bonjin at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

【経済ってそういうことだったのか会議】

読了。




総じて、覚えていることが少ない…



でも分かりやすく、深いところまで議論されていた。





読み終わってすぐの感想


今、小泉内閣がした民営化の負の側面が悪い悪いといわれているけど、


(この本の竹中さんは小泉内閣の一員だったはず)



自由化もいいじゃんと思った。




というか、今は郵政が民営化されて地域格差がでてるけど、


これにプラスして地方分権が深まれば(道州制が導入されれば)、地方は税制優遇とかで企業を誘致できるようになれば、格差はかなり減ると思う。(個人的に)



だから、そのプロセスの途中だと思えばいいと思う。



ローマは一日にしてならず。
posted by bonjin at 19:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【経済ってそういうことだったのか会議】pp390

グローバリゼーションに関して…

「グローバリゼーションの問題は、これからも予想できないものも含めて、たくさん出てくる」


「恩恵を受ける人、豊かになる人もでてくる」


「彼らは不安定な問題を解決していこうとする」



「一見パッチワーク的に見えることが新しい結果を生み出していくんじゃないか」
posted by bonjin at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

【モテる技術】PP270

自分にとって成功とは何か、

(中略)


そこから何を学べるかを考え出すことができれば、その失敗を成功に変えることもできる。


(中略)



何かをしでかしても本当に「しくじった」ことにはならず、悲観せずに生きることができるのである。
posted by bonjin at 11:43| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。